交通事故を起こさないための訓練と訓練をする理由について

一家に一台は当たり前。持っていない人の方が少ない自動車ですが、扱い方を誤れば交通事故の原因となってしまいます。旅行で観光地まで向かっているときに、会社に向かうために利用しているときに、事故を起こしてしまっては大変です。

そんな事態にならないためにも、交通事故を起こす確率を、ぐっと減らすことができる訓練についてと、その訓練を行う理由について述べていきます。

安全運転のための五つの基本

交通事故対策の話をする前に、基本について記していきます。安全運転5則とは、車を安全に運転するために定めた規則のことです。教習所に行って車の運転について覚えたばかりの人や、免許更新の時に行われる講習に参加した人はまだ記憶に新しいかもしれません。

安全運転5則は、決して特別なことが書かれているわけでもなく、どれも簡単なものばかりです。しかし、交通事故を起こさない為にも、改めて確認してみるのがいいかもしれません。規則の内容には、安全速度を必ず守ること、カーブの手前でスピードを落とすこと、など速度に関することと、交差点では必ず安全を確かめること、一時停止をして横断歩行者の安全を守ること、など安全な運転をするための確認に関すること、飲酒運転は絶対にしないこと、など注意力を落とす原因に関することがあります。

危険予知トレーニングとは

交通事故の原因となる危険を予測して、実際に事故を起こさないようにする訓練のことです。詳細...アディーレ法律事務所:事故弁護士

訓練で行う内容は、走行中にどのような危険があるのかを想定しておき、どのような判断をくだせばいいのかを、前もって考えておくことになります。交通事故原因となるものを排除し、また原因を回避するための対策を積み重ねる事で、交通事故を起こしてしまう確率を少なくしていきます。

訓練内容は、柱や停車しているトラックなどの物陰から出てくる児童の行動や、通行者を避ける車の動きなど、身近に溢れる様々な状況に予測をつけ、適切に対応できるようにするためのものとなっています。数をこなし状況例を知れば、それだけ多様な状況に対応できるようになります。

実際の交通事故にはどんな原因があるのか

よくある交通事故原因は、安全不確認や脇見運転などです。安全不確認とは、安全確認をしていないということではなく、安全の確認がちゃんと行われていないということを言います。歩行者や自転車が死角から近づいてきていたことに、気が付かなかったことがよく挙げられます。

安全を確認する為の意識が足りていなかったということなので、確認した気になるのではなく、死角になる場所が存在していないか、そこに通行者はいないかを十分に意識することが大切です。そして、脇見運転についてはよく知っている通り、進行方向である前方をよく見ずに運転をしている状態のことです。

カーナビを見ていた、携帯電話に気を取られていたなどでよそ見をしていたことによって、危険に気づけず事故が発生してしまう、ということが多いです。次に多い事故原因は、漫然運転や動静不注視、運転操作不適などです。

漫然運転とは、考え事などをしていて注意力や集中力が低下した状態で運転すること、通行者や対向車などの動静をよく見ていないという状態のことです。

前者では歩行者などの通行者の発見の遅れや、赤信号の見落としなどで、後者では通行者や、対向車の次の行動を予測しきれなかったことで事故が起きてしまいます。あとは事故原因として、よく聞く事が多い、一時停止をしなかったことや信号の無視、速度違反などです。

標識のある交差点で規則を守らなかったり、赤信号で車の運転を行ってしまったりなどがあります。

どちらも人通りや車の往来が少ない場所でしがちな行動です。

速度違反は、数ある事故原因の中でも、最も死亡者を出してしまいやすい原因です。走行中に、よく取り締まりを行っている光景を見る事があると思いますが、そのような景色を見ると、重大なことだということが分かると思います。

速度違反は、無免許運転や飲酒運転などとあわせて交通三悪などと呼ばれています。極めて悪質な事故が起きやすく、悲惨な結果を招きやすい原因です。

事故の中でも起こしていけない危険なもの

普通の事故も起こしてはいけませんが、より悪質な事故を起こしやすい危険運転がいくつか存在します。それは飲酒運転や、無免許運転、暴走運転などです。後は一般の人にはあまり縁がないといえる、薬物を使用して運転するなどの特殊な場合があります。

それに加えて、先で説明した速度違反なども原因に上がります。これらの運転で人身事故を起こすと、危険運転致死傷罪に問われてしまいます。普通の交通事故を起こしても、被害の責任はしっかりと問われますが、これらの場合で交通事故を起こすと、より重い責任が課せられます。

これらの原因によって引き起こされた事故は、以前であれば業務上過失傷害に分類されていましたが、2001年に刑法改正によって新設された危険運転致死傷罪で責任が問われることになりました。被害者に傷を負わせた場合は、15年以下の懲役、死亡させてしまった場合は1年以上の有期懲役になってしまいます。

これらの罪を犯さない為にも飲酒した際には、車の運転は控えるようにし、免許を持たずに車に乗り込むなどということはしないようにするべきです。

事故を起こしてしまった場合には

どんなに気をつけていても、事故が起きてしまうことがあります。そんな時には慌てずに、冷静になって対処する事が大切です。交通事故を起こしてしまった時は、まず負傷者がいないかどうか確認しましょう。怪我人がいたら、必要な手当てや声かけなどをして、それから警察や救急の連絡をするべきです。

現場の状況や負傷者の状態は、電話で必ず聞かれる事なので、焦らずそれらに対応していかなければなりません。後は通行人などの目撃者がいるのであれば、声をかけておく事をおすすめします。自分の不注意や過失で起きた事故でなかった場合には、それを証明するためにもなりますし、何台もの車や通行人が被害をうけた大事故となると、事故の全貌を把握する為にも第三者の証言が必要になります。

最後に、自身が被害者であった場合は、事故を起こした相手の連絡先を聞いておくことや、医師の診断を受けることが大切になります。警察も救急にも連絡の要らない軽い事故であったとしても、後から具合が悪くなる場合がありますので、そんな時の為にも面倒くさがらずに必ずできることをしておきましょう。

以上のように交通事故を起こした場合は、とてつもなく大変です。これまでに記した内容から分かるように、事故を起こすということは、世間からかなり厳しい目を向けられることにもなります。そんな状況に陥らないためにも、少しの時間と手間でできる訓練を、日ごろから積んでおくことをおすすめします。